チラうら

心に留まった事柄をメモしておくチラシの裏的な所

持病の話

伏せていた訳ではないのですが、持病について書く機会がなかったので、今のうちに。

私は再生不良性貧血という病気です。
判ったきっかけは、社会人になって初の健康診断の採血でした。

よく女性は貧血になりがちですが、
鉄分不足で起きる鉄欠乏性貧血とは数値の傾向が違うので、早めに再検査してくださいとの事で、近所の内科を受診しました。
鉄欠乏性貧血は、酸素を運ぶ働きをする赤血球、ヘモグロビンの数値のみが低くなるそうなのですが、
私の場合は、血小板も白血球も低めなので、それとは違うらしいと。

約1年、葉酸とビタミンBの投薬治療をしましたが、全く改善しないので、血液内科という専門科へ。
そこでMRIや骨髄検査をして、再生不良性貧血と診断されました。
今から約12年前です。

ついぞ半年前まで、ほぼ数値が安定していたので、3ヶ月に一度の通院で採血という経過観察でした。
途中、通っていた血液内科が閉院して、掛かり付け内科で採血という期間もありましたw

結婚と出産希望とで、今の血液内科に転院したのが昨年の2月です。
まさか妊娠・出産前に入院する機会がくるとは思いませんでしたねー。

先日、チラリと書いた『一旦悪くなって治療して、元気になって取り組め』というのはこの辺りの話です。

assaqui.hatenablog.jp
今までの数値でも十分に妊娠・出産は可能と言われていましたが、「もうちょっと体力つけて頑張んなさい。その方が乗り越えられるよ」という事なんだと理解します。

正直、結婚願望なんて微塵もなかったのに、結婚する流れになったし、
おそらくご先祖様からの「子孫を残せ!」という強い思し召しで来てる流れだと思うのでw
流れに身を任せて頑張ればなんとかなるかなー?と(笑)

リンクした記事にも書いたのですが、今回のメイン治療は、
急性の人には効果が高いけれど、慢性の人には効きにくいらしいのです。

すでに発覚から12年、おそらくそのもっと前から罹患していたと思われるのですが、
私が酷くなったのはこの半年だし、上記のこじつけもあるし、効果がでる可能性は高いと信じて頑張ります。