チラうら

心に留まった事柄をメモしておくチラシの裏的な所

退院後の通院16日回目・右耳手術後の通院日3回目

血液内科は後にして、先に耳鼻科の話。

今回は耳の中の掃除をされました。
鼓膜の近くに溜まってるものをキュイーンと吸引。
痛くないよー。怖くないよー。と己に(心の中で)言い聞かせつつも、気付くと左に体が退けておりますw
(音がすごいから仕方ないね)

次回、聴力検査。
お掃除をしてもらったからか、大きい音を聞いたからか、診察中、わりと右耳も聞こえるような気がしたんですけど、やっぱり気のせいかなぁ。気のせいな気がするw
まぁ気のせいじゃなくて良いんですけどね。
次回のお楽しみ。

さて、後回しにした血液内科の件。
血液検査の結果、よろしくなかったです。
去年の今頃と似た値と言われました。

つまりは入院(ATG治療)前の状態。
今のままor悪くなると、骨髄検査などをやらないといけない&輸血が必要になります。
そして更なる治療について考えないといけない事になります。
あれでしょ、骨髄移植とか、そういうの。

「去年の今頃と似た値になってますねぇ」と言われたので、
「暑さに弱いんですかね?w」とひとボケしておきました。

先生「関係ないですねぇ」
 私「でっすよねぇw」
先生「あ、もしかして生理中やったりします?」
 私「あぁ…、生理中です」
先生「そっちに取られて下がってるだけやったら良いんですけどねぇ」
 私「そうですねぇ」

経験上、あまり影響が出た記憶はありませんが、そうであってほしいなぁ。
(私の体感的には、血液検査の結果と月経量には相関関係がないです)

レボレード、ちゃんと飲んでるハズなのになぁ…。あ、(絶食時間帯に)空腹に耐えかねて、海苔とか摘まんでる時が多いかも。
…それか?やっぱりアカンか。アカンのか。

帰宅中、バスの時間の都合などで走ったところ、息の上がり具合や酸欠のフラフラ感が、去年の今頃と似た感じに思いました。
耳の聞こえと同じで、そんな気がするからそう思うだけかもしれないけれど。

ひとまず、今のままの薬で様子見の一ヶ月となりました。