チラうら

心に留まった事柄をメモしておくチラシの裏的な所

ローストポークとツナサラダ

テレビで見たローストポークがおいしそうで、ちょうど豚ももブロックがお手頃だったので試してみました。
自己流でやりましたが、おいしかったです。

1.塩・コショウを表面にまぶす
2.はちみつ・バルサミコ酢を各小さじ2杯を混ぜて、肉(300g位だったかと)に揉みんで漬ける(冷蔵庫で半日以上)
 ※ビニール袋を使うと少量でも十分です
3.中火で肉の表面を焼き、焼き目を付ける
4.鍋に蓋をして、出来る限りの小さいとろ火で30分程度焼く
5.肉を取り出し、食べやすい大きさに切る

豚肉ですが、分厚さより平たさを意識して選びました。

実は時間の都合により20分程度で出したのですが、ちょっと火の通りが不安な所があったので、10分長ければ良かったかなというのをレシピには反映させました。
次回はこれで試してみます。(肉の分厚さで変わってくると思うけど)

参考にしたのはコチラ
allabout.co.jp
合わせたのはコチラ
yuu-stylish-bar.blog.jp
コチラも自己流にアレンジして、食べたかったコーン缶(半分)とモヤシ(レンチンしたやつ。適量)を混ぜました。

味付けは、夫がマヨネーズ苦手なので、
カラシ、マヨネーズを少々(配分は1:2)+ゴマ油で小さじ1程度と、醤油を小さじ1で作ってみました。
マヨネーズは、油分と醤油のツナギと野菜に絡ませる働きをしてくれると思うので、外せないなぁと。
夫の口にも合ったようで良かったです。

退院後、初の通院日

退院して一週間と1日ぶりの病院です。

血液検査の結果がどうなってるかなぁとワクワクしていましたが、一言でいうと、あまり変わらずでした。
ヘモグロビンと血小板、むしろ微妙に減ってる…

まぁ上がり続けりゃいいってもんでもないでしょうし。じわじわ効果が出れば良いんですよ。
と、おおらかな気持ちで見ときましょ。

それよりもショックだったのは通院時。

めっちゃ、しんどい・・・。
脚が疲れた。ちょっと座りたい

最寄り駅から少々上り坂を上がった所にある病院なのですが、その少々の上り坂の途中でくじけそうになりました。

母と同じこと言ってる…(苦笑)

私の脚の筋力は母並みになってしまったのかと。
そして母の筋力はこの程度なのかと。

いろいろショックでしたね。
母と一緒にご近所ウォーキングしようかしら。

【韓ドラ感想】月桂樹洋服店の紳士たち【ネタバレほぼなし】

シン・グさん演じるお父さんがステキ過ぎました。
『職人(テーラー)としての哲学』といいますか、そういうの。
序盤、誰にも感情移入ができない時期があったのですが、「お父さんをもっと見たいから観続ける!」と思ってました(笑)

カン・テヤンとスヒョンのカップルをかわいいなぁと思えるようになってきた辺り(テヤンの実家に2人で行った頃)には、ハマりましたけど。

最終シーンは海だったのですが、
『海を見る』ことにこだわるならば、『見えない』ことはもどかしいけれど、
海辺に立てば、風や匂い、音などで存分に海を感じることはできる。
どう考えた人生が豊かかというメッセージに感じました。

最後まで見続けて良かったです。

『ベストを尽くす』という言葉が腑に落ちた

病院から持って帰った物をしまいながら、部屋の片付けもしようと思い、じわじわ進めているのですが、ふと『今のベスト』を更新していくと、常に『今がベスト』になると気付きました。

今までは「季節毎にベストって違うから、どうやって運用するのが良いのかな」という風に考えていたのですが、ふと上記の言葉が降ってきました。

『一年中フレキシブルに対応できることがベスト』と考えていたので、8割の状況で満足できるならOKという環境作りをしていたのですが、そのせいか、だからこそか、常に『ちょっと満足できない感じ』が付きまとっていました。

今回の入院に際し、『今の自分に必要なものが十分にある状態』『必要とあれば持ってきてもらえる状態』を作った事で、『不安や不満なく過ごせるという快適さ』を感じました。
(母と夫に持ってきてもらうという負担の上に成立している訳ですが)

そのせいか、退院してからの思考が『ベストであること』を求めている気がするのです。
そしてそれを叶える物を引き寄せている気がします。

「こういうのがあったらいいな」と思っていた物が、あるんです・・・!
しかもだいたい、100円均一で。

以前に見付けていた物でも500円とか1000円とかで、「買おうかどうしようかな。無くてもなんとかなってるしな。買ったら便利になるのは明白なんだけどな」という判断だったのです。

で、「それが今回、たった108円で手に入るんです!」という通販番組を思い起こす勢いで目の前に現れるので、「もう買うしかない!」と。

安物買いの銭失いという諺はありますが、解消するであろう不満に比べれば108円は安過ぎた。

買ったものがコチラ↓
f:id:assaqui:20180816122215j:plain
シャワーホルダー用トレイとボトルホルダー。
どちらかだけで良い気はしたのですが、上下2つあるので、「差すところはある!」と両方買いました。

結果から言うと、2つ買って正解でした!
上段にトレイ、下段にボトルホルダー&シャワーヘッドをセット。

お値段なりということかもしれませんが、残念な点が少々あります。

<トレイ>
 物を載せて、シャワーヘッドをセットすると、トレイのバランスが崩れて落ちてしまいそうです。

<ボトルホルダー>
 セリアで購入した底まで使えるシャンプーボトルをセットすると、壁との角度で1穴分しか使えませんでした。
 キャンドゥで販売されている詰め替えがそのまま入るケースは取付可能です。

残念な点はあれど、小物やボトルの置き場所の悩みが解消されたので嬉しいです。
使い心地や耐久性等かどんな感じか楽しみです。

鰻から始まる買物代行

夫の「鰻が食べたい」発言により、自転車で10分程度のところにある生鮮スーパーへ行きました。

そこで見付けたのが、鱧。
f:id:assaqui:20180814144722j:plain
この状態で売られてるの、初めて見たかも。
興奮して母に写真をLINEで送りました。
すると「鱧、ずっと探しててん。買ってきてー!」とのこと。

すでに違うスーパーへ移動し、フードコートで休憩している時に返信を見たので、ちょっとめんどくさいなと思いつつ、焼き鱧の誘惑に負け、生鮮スーパーへ戻りました。

この生鮮スーパー、新鮮なお魚と形が不揃いなお野菜がお安いんです。
そして果物も結構良いのがあるんですよ。

という事で「何か買う?これ安いの?(普段、果物を買わないので相場がわからない)」と聞いていると、お盆のお供え果物をほぼ買う羽目に…(笑)

梨、桃、ハウスみかん、巨峰2房、鱧(骨切り済み)、合計約4000円(税込)。
夕方に実家へ配達してきました。

私が果物を買ったことで、母はお供えの花を探しに回れたようです。
(いつものお店が閉まっていたり、お盆用の花束が好みでないとかで、何軒か行きたくなるらしいです)

ちょっと面倒だなと思ったけど、役に立てたようて良かったです。
そして明日、焼き鱧の1/3を頂きに行きます。うふふ

お盆前のお墓参りに行ってきました

昨日、お盆準備にお墓参りへ行ってきました。
今年は無理だと思っていたのに、サクサク退院できたので、母の付き添いができました。ありがたや。

基礎体力が回復していないので、今回のスタンスは『母の付き添い』で、いつものように雑草(特にスギナ)をガッツリ抜く事はしないでおこうと決めての参加でした。
が、今回、雨が降ってない&高温という天候のせいかスギナが生えていない&土がパサパサで草がスルスル抜けるというミラクルが起こっていて、全面キレイに雑草抜きもできました。
ありがたや。ありがたや。

私、草抜き作業がわりと好きなのですが、今回のはラク過ぎて、私のお楽しみ用に生やしてもらったんじゃないかと思った程です。

掃除中の天気も恵まれていて、程よい曇り空かつ気持ち良い風がほぼずっと吹いていました。

単純に立ち座りのし過ぎで、立ちくらみを起こしやすい感じの状態が続き、休憩をたくさん取りながら、のんびりとできました。
ありがたや。ありがたや。ありがたや。本当に。

帰り道、水分不足か疲れか、原因はわかりませんが、断続的に足がつりそうになった(靴を脱いだら治まった)のと、
家に着いたら、眠すぎて晩ごはん要らないから寝たい(でも薬のまなきゃ)ってなってました。

ちょうど夫の帰りが遅かったので「食器洗いがメンドウなので、食べてきて」と伝えて、自分はカップ麺を食し(入院前から食べたかったやつなので、むしろ良かった)、布団でウトウトしながら薬の時間まで過ごすというバタバタな夜になりました。

鶏の肝処理

昨日、どうにもハツを食べたくて、近所のスーパーで買いました。

近くに鶏屋さんがあり、以前に購入した時は下処理もされていたので、スーパーの後にそちらへ寄れば良かったのですが、店内でピックアップした「キャベツと一緒に甘辛く炒めたら美味しそう…!」と思ったら、目の前にあるパックを選ばずにいられませんでした!

そして家に着くと冷静になって、処理に困る・・・

いいえ、大丈夫!現代は調べれば、方法はだいたい出てくるのです!
ということで、Google先生からCookpad先生をご紹介いただきました。

cookpad.com
cookpad.com
cookpad.com
以上の3記事を読んで、
・牛乳を買わない我が家でも塩で下処理が可能!
・不器用な私でも下処理が可能!
という2つの自信を持ち、レッツトライ!

キッチンばさみを握りしめ、約1hかけて処理し、
無事、生臭さなどないハツ肝キャベツ炒めができました。

ただし味付けの方は、煮詰め時間が短く、微妙な仕上がりでした。もしくはダシ感が足りない。
そして肝心な事なのですが、「ハツが、少ない・・・!」

購入時にパック内のハツと肝のバランスを何も見ていなかったのが敗因です。(グラム数しか見てなかった…)

結論、ハツが食べたい時は、焼き鳥で食べる!