チラうら

心に留まった事柄をメモしておくチラシの裏的な所

夫作のオイルパスタがオイリーな理由がわかった

年末年始用の買い出しで、すっかり疲れてしまったので、夕飯を夫に作ってもらいました。

メニューはツナ缶と玉ねぎを使ったスパゲッティ。

作ってもらう間に、ふと思い出したのが、
夫の作るオイルパスタって、めっちゃ麺がオイリー……
という事。

油が麺にまとわりついて、すごく油っぽい。

油が麺に“まとわりついてる”だけなので、
『オイルパスタ』というより、『オイル』と『パスタ』。

作ってもらって文句を言うなと思うので、何も言ったことはなかったのですけれども。

今夜の予定が、オイル入りのツナ缶を入れるものだったので、
最初の油+ツナ缶の油=油だらけ と気付いて、
これはなんとかせねば油まみれのものを食べるハメになるのでは?と恐ろしくなりました(笑)

ソースの手順としては、
1.玉ねぎをじっくり炒める
2.ツナを入れ、調味料(今回は醤油としょうが)を混ぜる
3.馴染ませるように温める
4.スパゲッティの茹で汁を投入

茹で汁を夫が入れてくれてたので、私は油分を乳化させるべく、ソースをぐるぐるぐるぐる混ぜまくりました。
具材があるので乳化できているのか見た目で判断できず、不安だったので、夫が入れた分に追加して2杯ほど茹で汁を入れました。
けれど、温める間もどんどん水分が蒸発していたので、麺を入れるタイミングには、ほぼ液体の感じは皆無になってました。

そして麺が茹で上がったタイミングで、夫はソース鍋の火を消し、麺を入れました。

私「ソースの方、火を消すん?」
夫「十分あたたまってるし、油やし、麺も熱いし」
私「まあの(内心ちょい不服)」
夫「ちょっとトイレ行きたいから後は任せていい?漏れそう」
私「おう。はよ行っトイレ」

麺をソースに絡める過程が私に託されたので、乳化に励もうとぐるぐるしかけたのですが、なんせ液体が少ないので絡みにくい。
ということで、
更に茹で汁を追加すること2度、火を入れながらぐるぐる麺と具材を混ぜました。

盛り付けて、いざ実食。

油っぽさ、なーい!玉ねぎが甘くておいしい!

夫が作るオイルパスタがオイリーな理由として考えられるのは下記の2点
1.ソースの火を消した(皿に盛る頃には冷める)
2.麺をソースに混ぜる時の茹で汁が少なくて乳化していない

ちなみに私はソース作りの過程は上記の3までにして、
茹で汁は麺と共に移す感じです。
具体的には、麺を茹でる鍋をソースの鍋に寄せて、お湯を切らずに麺を移動させてますw
だってそれだけにわざわざお玉を使うの面倒やもん。(夫は不精せずお玉を使用)

どちらが原因なのか、突き詰めたいけど、美味しくないのは食べたくないので、検証はしないでおきます。
夫と私の作り方の違いから推測すると、2が原因かなぁ。

さて、解決方法はわかったので、
「実は油っぽいと思ってた」ということを伝えてみよう。

今年もまだな年賀状

はてなブログさんからの、思い出記事メールに呼び出されました。

すっかり『何かを残す』という習慣が抜けてしまったようで、
後に残しておきたい事柄は、今年もいろいろあったものの、
いつ起きた出来事かが不明瞭な状態にほぼなってます。
(あれは夏…、アレ?何月だっけ?みたいな)

今年は全世界的に新型コロナウイルスというものに見舞われ、
取り巻く環境に変化があり、それによって生活にも影響がありました。
(私個人に限ると、大差なかったりしますがw)

タイトルの通り、年賀状のデザインや印刷がまだなので、
それらが終わってから、今年の出来事を振り返って、記事を書こうと思います。

タンカンで意図しない人体実験

今年も義母からタンカンが送られてきました。

assaqui.hatenablog.jp

薬の都合により、私はあまり食べない方がよいと思うので、夫に食べろ食べろと言っているのですが、ほとんど食べてくれません。

で、どうなるかというと、
鮮度が落ちて、皮もシワシワになってしまう訳です。
毎年、数個は廃棄処分にせざるをえない状態に追い込んでから、ごめんなさいしておりまして…

今年も夫に食べろ食べろと言い続けたものの、届いて1ヶ月、3個も食べてくれてませんでした。

このままでは、ごめんなさいまでが恒例行事と化すと思い、3月に入った頃から1~2日に1個のペースで、私は食べ始めました。

はぁ…美味しい
けど、薬との兼ね合いがあるから1個が限度よな

そう自制しつつ食べていたのですが、
どうにも最近、果物の甘みを求めているらしく、止められなくなってきました。

数日前から、1日に1~2個食べてました。

そして今日、昼過ぎに2個食べたにも関わらず、夕飯後に1個食べたところ、なんとなくちょっと身体に異変が。

あ、これはネオーラルの値が上がってる時のやつ…

心臓のドキドキを強く感じて、そして指が震えます。
あかん…食べたらあかん…、食べたいけど。
残り(3個)は夫に食べさせます。

そして来年以降、ネオーラルを飲まなくてよくなるまでは食べないぞっ…

スマホを機種変更しました

スマホの設定に本腰を入れる前に、昨日の件を夫と話してみることにしました。

夫「全く覚えてない。なので『そんな事はなかった』」
私「なんと…!なかった事にされたぞ、あのウザ絡みw」

しかし深掘りするには良い話&良い機会だと思ったので、夫が寝落ちる前に話した事と寝落ちた後に考えた事を伝えました。
(内容は前日の記事をご参照ください)
assaqui.hatenablog.jp

私「ところで私は尊敬されてるのん?w」
夫「崇めてないけど敬ってる」
私「よくわからんけど、なるほど」

そんな話をした後、コタツスマホの設定に勤しみました。
2日続けて出掛けて疲れているからか、コタツから離れる(身体が冷える)とすぐに吐き気が止まらなくなってました。

お腹がぐーぐー鳴ってるのに、食欲がわかない…

晩ごはんはカレーライスだったのですが、あまり美味しく感じられなくて、一皿完食がツラかったです。
(でもライスが残っているのにルーが無くなったので追加したんですけどねw)

『無理ができるだけ回復した』と自分に言い聞かせていますが、果たして美味しく食べられるようになるのはいつ頃になるんでしょうね…。

夫に「もっと自分を尊敬しろ」と言われた話

仕事を納め、飲み会で居酒屋を3軒ハシゴして帰ってきた夫に「もっと自分を尊敬しろ」と絡まれました。

こんなベロンベロンになっとる人間に敬意もクソもわくかいなwwwとか思いつつw
「『尊敬』してるかはわからんけど、めちゃくちゃ感謝の気持ちは持ってる」と答えました。

そもそも『尊敬』の概念が正直よくわからん…
『すごいなぁ』って思う気持ちのこと?
ということで調べてみました。

欠点があっても尊敬できる部分があれば、『尊敬する人』と言えると書かれていたので、「じゃあ夫に対して尊敬の念を持ってる!」と思いました。

ただ、今までに関わった人の中だと、夫よりもっと尊敬している人がいます。
やはり「すごいなぁ」と思ったり、「見習おう」とか「真似できなくともエッセンスは採り入れたい!」とか思うのは仕事の同僚が多いですね。

ちなみに私が夫に言った『ココがすごいと思う点』への反応は
「それはフツーやで」でした。

できる人には当たり前な事でも、できない人には「すごいなぁ」と感じる点なのです。
おそらく、夫にはできないけど私には当たり前な事が少なからずあるだろうと思います。…あってほしい。

余談になりますが、
苦労して克服した事を『すごいと思う点』に挙げてもらったら、ものすごく嬉しいんだろうなぁ。
挙げられる人に私はなりたい。