チラうら

心に留まった事柄をメモしておくチラシの裏的な所

にらだれ挑戦

念願のにらだれを作ってみました!
いくつかのレシピを調べて、以下の分量で作りました。

にら:1束
おろしにんにく:1cm程度
おろししょうが:1cm程度
 醤油:大2
  酒:大2
ゴマ油:適当(小1/2くらいかな)

私は生のネギが苦手なので、にらを生で食べることに躊躇する気持ちもあったのですが、調味料に漬け込んでから味見をすると、大丈夫そうでした。

ところで何にかけたら良いの?ってことで見つけたのがこちら。
cookpad.com
茹で鶏。
鶏肉を茹でるという発想がなかったです。焼くか炒めるか揚げるしか、したことがなかったです。
棒々鶏、好きなのになぁ。どおりで結婚してから食べてない訳だ。

茹でるといっても、沸騰したお湯の中に鶏肉を入れるという簡単調理。

5mmの厚さに切って、にらだれをのせて食べました。
鶏肉がしっとり柔らかでおいしかったです。
実は耳の手術後、鶏肉の舌触りがパサパサしておいしく感じられない事が多いのですが、これはいけました。

手間がかかるけど、下ごしらえとして茹でた状態でストックしようかな。
細かくすると棒々鶏もすぐにできるし!

なお茹でた湯を使って、中華風スープを作りました。
(量が多かったので、味付け前に分けて、明日は味噌汁にします)

退院後の通院16日回目・右耳手術後の通院日3回目

血液内科は後にして、先に耳鼻科の話。

今回は耳の中の掃除をされました。
鼓膜の近くに溜まってるものをキュイーンと吸引。
痛くないよー。怖くないよー。と己に(心の中で)言い聞かせつつも、気付くと左に体が退けておりますw
(音がすごいから仕方ないね)

次回、聴力検査。
お掃除をしてもらったからか、大きい音を聞いたからか、診察中、わりと右耳も聞こえるような気がしたんですけど、やっぱり気のせいかなぁ。気のせいな気がするw
まぁ気のせいじゃなくて良いんですけどね。
次回のお楽しみ。

さて、後回しにした血液内科の件。
血液検査の結果、よろしくなかったです。
去年の今頃と似た値と言われました。

つまりは入院(ATG治療)前の状態。
今のままor悪くなると、骨髄検査などをやらないといけない&輸血が必要になります。
そして更なる治療について考えないといけない事になります。
あれでしょ、骨髄移植とか、そういうの。

「去年の今頃と似た値になってますねぇ」と言われたので、
「暑さに弱いんですかね?w」とひとボケしておきました。

先生「関係ないですねぇ」
 私「でっすよねぇw」
先生「あ、もしかして生理中やったりします?」
 私「あぁ…、生理中です」
先生「そっちに取られて下がってるだけやったら良いんですけどねぇ」
 私「そうですねぇ」

経験上、あまり影響が出た記憶はありませんが、そうであってほしいなぁ。
(私の体感的には、血液検査の結果と月経量には相関関係がないです)

レボレード、ちゃんと飲んでるハズなのになぁ…。あ、(絶食時間帯に)空腹に耐えかねて、海苔とか摘まんでる時が多いかも。
…それか?やっぱりアカンか。アカンのか。

帰宅中、バスの時間の都合などで走ったところ、息の上がり具合や酸欠のフラフラ感が、去年の今頃と似た感じに思いました。
耳の聞こえと同じで、そんな気がするからそう思うだけかもしれないけれど。

ひとまず、今のままの薬で様子見の一ヶ月となりました。

きょうの料理で見た料理

今日の午前11時からの再放送で見た献立が、家にある食材でできそうだったので、夕飯に試してみました。

メニューはキャベツと鶏肉の塩蒸し。
www.nhk.or.jp

使う食材は、鶏肉とキャベツ。味付けは塩のみ。シンプル!

鶏肉に塩を強めに味付けて、キャベツと一緒に蒸し焼き。
蒸しながら焼くことで、キャベツに塩味がまわるので、キャベツに味付けをしなくとも問題なし。
じっくり火が通っただけで、キャベツの甘味が引き出されるので、十分おいしいのです。

明日は同じ放送で紹介されていたカボチャと豚肉の炒め物(味付けは醤油のみ)を作ってみたいと思います。

母の日ですけど

実家まで徒歩10分弱の所に住んでいますが、先日のお墓参り以降、母に会っていません。
その頃、耳の手術の影響である、めまいに悩まされていたので、「しんどかったら無理せんでええよ」と言われてました。
気が付くと、めまいからは完全に解放されているのですが、まるっきりその言葉に甘えてました。

たしかGW中、夫に「母を食事に連れていきたい」と話した記憶はあるんですけど、実行しようという動きは全くなかったです。
母は「焼肉に行ったことがなくて、行きたそうにしてる」という話をしていて、焼肉を食べたくなって夕飯に行った記憶もありますなぁ…。

昨夏と先月の入院中にサポートしまくってもらったので、お礼がてら行きたいんですよね。
母の日って、ちょうど良い機会だったと気付きました。

まぁ、混んでそうやし、普通の土日でええけど。
私としては、まだ舌が本調子じゃないので、何を食べてもあまりおいしく感じられないので、ええものを食べるなら先の方が嬉しいんですけども。

暴飲暴食した(注:リバースした話があります)

夕飯後、もう寝なさいよという時間に夫が「お腹すいたー」。
夕方からポテチが食べたかったので、一緒に摘まむことに。

ピザポテト風の味である某スーパーのPB商品を二人で一袋。
気になって買ってみた白ワインと共に。

ポテチがおいしかったのと、ワインで酔ったのとで、夫の「もうちょっと何か食べたい」のリクエストで、冷凍していたメザシを乾煎りして摘まみました。

お腹いっぱい、酔いも回って、お布団へ。
2時間ほど眠った後で目が覚めました。

ちょっとおトイレ行ってこよ。(通常の尿意)
…あれ、なんか気持ち悪い感じがあるぞよ?(胃のムカつき)

トイレから無事に戻り、再び布団で横になろうとしたところ、胃の辺りからヤバい感じがありました。

これは…!

と思った瞬間、枕元に置いてあるゴミ箱を手に取ると、見事リバースに間に合いました。

夕飯後に食べたものの臭いが酷かったですw
消化不良を起こしたようです。

30分ほどで落ち着いたので、再び布団へ。
しかしまた、約1時間後に目が覚めました。

腹痛を感じてトイレに行くと、下しました。
お腹の痛みが治まらないのでトイレに居座っていると、再び吐き気が…。

さっき2回も吐いたのに、まだ出るの?と思いつつ、便器に向かってリバース。

下からも上からもダバダバダー。
胃と腸の辺りがピクピクしてました。

腸がめっちゃ笑ってるーwとか思いつつ、おトイレでじーっと…。
太ももが痛くなる位の時間、座ってました。

翌朝、夫に事の顛末を話すと「全然気付いてなかったわー」と言われました。
そうだろう、そうだろう。しっかり寝てるの見てたわよ。