チラうら

心に留まった事柄をメモしておくチラシの裏的な所

なめったりやきびたしたり

今日の夕飯は、なかなか手が込んでいました。

鯵の塩焼き、刺身、なめろう
ピーマンと椎茸の焼き浸し
味噌汁(小松菜とうすあげ)
ごはん

整体へ行った夫に、帰りにスーパーへ寄ってもらったところ、鯵(三枚下ろし済)とホウレン草とレンコンを買ってきました。

私「鯵はどう料理するイメージで買ってきたん?」
夫「塩焼きかな。ホウレン草のお浸しと味噌汁と…もう一品あれば嬉しいな、レンコンのきんぴらとか」
私「おう…(そんなに食べられる気がしないぜ…)」

とりあえず鯵に塩を馴染ませようと、パックを見ると『お刺身にもオススメ!』と書かれていたので、なめろうに仕立ててみたくなりました。
ずぅーっと前から食べてみたかった&作ってみたかったんですよね。
2匹分あったので、1匹ずつ焼きと生で。

焼きの部は、塩と酒をかけて放置。
なめろうの部は、ぜいごをしっかり外そうとしたら、皮ごとひっぺがす感じになりました。

皮を剥がした鯵の身をざっくり5mm角の感じに切った後、更に包丁でザックザックして(みじん切り)、ボウルにチューブのおろしにんにく(1cm)とショウガ(1.5cm)と味噌(ティースプーン1杯)を酒で溶いたものを用意して、鯵を投入して混ぜました。
なお最初の半身の皮を剥がすのに時間がかかったので、残りの半分は単純に切って、刺身として食べることにしましたw

夫リクエストのホウレン草のお浸しではなく、ピーマンの焼き浸しにしたのは、単純にピーマンが前からあったから。

そして焼き浸しにしたのは、この記事を読んで食べたくなっていたのです。
sheishere.jp
『丸ごと焼いて、出汁に浸す』という説明だけでできるのか不安でしたが、やってみたらなんとかなりましたw

片手鍋の中でコロコロとピーマンを焼いた後、麺つゆ(4倍濃縮)約50mlと水150mlをばしゃーっと流し込み、ひと煮立ちさせたら火を止めて、冷やす行程へ。
今回は思い立った時間が遅かったので、ステンレスボウルに移して、湯煎の氷水バージョンで急冷させ、粗熱を取りました。
(作業手順としては、なめろうの前だったので、なめっている間に冷蔵庫で冷やしました)

二品の作業で力尽きたので、味噌汁は冷凍室から出した小松菜で作りました。(切ってあるのを入れただけ)

初めて作ったなめろうと焼き浸しでしたが、どちらも美味しかったです。
特にピーマン!
出汁だけを味見した時は醤油辛いかもと思いましたが、染みた味が最高でした。
リンクした記事に書かれている通り、夏に良いです。
アスパラやオクラで作っても美味しそう。

なめろうも味は良かったけれども、冷たさが物足りなかったのが残念でした。
皮剥ぎ作業に時間を取られ過ぎました。鮮度も落ちるし。
次回は一匹丸々なめりたいです。
その時は刻み青ネギを忘れずに振りかけたい…。

月イチの吸入か毎日の液体か

吸入薬から変更してもらった薬、サムチレール。
まさかの液体(懸濁液)でした。

まぁ、これがマズイ。

甘ったるい匂いと味、ねっとりとした蛍光黄色の液体。
どう頑張っても、飲み込む時に苦味を感じる…。
そして薬を飲み込んだ後、口直しで飲み物を飲むと、グラスに黄色いのが着くのにドン引き。

諸々の点に嫌々ながら飲んでますw
錠剤とかカプセルとかの形状にはできんかったのかと。
なぜ液体なのかと。
通院日等で時間がない時以外は、飲もうという気合いが入るまでに2h程かかります。

だってマズイんだもの。
でも通院の度に苦い吸入をするのとどちらがマシかと考えると、こちらの方が良いかなと。

ただ、ここのところ食欲がイマイチなので、マズイものまで食べられる余裕がないんですよねぇ……。
薬なので飲まざるを得ないと思って、ムリして飲んでますけど。

飲まないとどうなるんだろうと調べてみました。
ja.m.wikipedia.org

正直、内容はあまり理解できなかったのですが、薬についての説明で笑いました。

商品名はサムチレール®である。不快な味がすること、高価であることが弱点である。

不 快 な 味!

吐き気にミントで苦味を感じる

一週間ほど前から、スマホの操作で“乗物酔い”状態になる日々を送ってます。

今週月曜日までは、30℃にもなる真夏並みの暑さだったこともあり、気持ち悪くなると、氷水を飲んでいました。
氷水だと胃腸が冷えそうなので、この数日はミントタブレットを舐めています。
(ミントタブレットを口に含んだ状態で水を飲む)

ミントタブレット、良いのですけど、口の中からなくなった後に、なぜか口内に苦味を感じます。すごく苦い。
タブレットの味か?と気付いて、違う種類のを食べてみましたが、苦いです。
一瞬の清涼感と引き換えに、ずっと苦い…

レボレードを飲む前後2時間(計4時間)が、いろいろツラいです。
「何を食べても不味い気しかしない…」と食欲減退で、夕飯の準備も捗りません。

墓場で立ちつくす

母とお墓参りへ行ってきました。

スギナが少なくて、驚きと共に喜び。

今までなら、モリモリわっさーとした緑の塊が10箇所程度ありました。
今回は、モリモリ1箇所、成長中2箇所、生えかけ1箇所。
スギナの対策を始めて約10年。ようやく効果が出てきたのかな。

モリモリわっさーの中には、たいてい青虫が潜んでいるので、スギナ撲滅したいです。

最近は長時間しゃがむと、足が疲れる→足の裏がつるので、スギナが少ないのはありがたいです。

少なくてもつってますからね!

草むしり中、両足が危うい感じになり、右足が軽くつったので、しばし休憩しました。
その後、掃除が終わって、母の読経中、バケツに残った水で打ち水をしていると、左足がつりました。

靴を脱いで、足の裏を縁石に押し付けていたのですが、どうにも治まらない。
帰りのバスの時間まで、残り約20分。
母の読経も終わり、借りた掃除道具を戻したり、帰り支度をしたりしたいところ。
おトイレにも行きたい…
しかし足の裏が痛い!治らない!治まらない!

「駐車場(30m先)まで行けたら、『バス停まで乗せてください!』ってヒッチハイクできるんやけどなぁ。それすらツラいわw」などと母と喋っているうちに5分経過。
治まったかな?と足を宙に浮かすと再び襲ってくる痛み。

バスの時間まで約15分、バス停まで徒歩10分弱。
時間的にそろそろ限界のタイミングで、靴を履いてみると「なんかいけそうな気がする!」
ゆっくりと調子を見ながら歩くと、そこそこ動けて、予定通りのバスに乗って帰ることができました。

お墓で動けなくなった時間、おそらく5分強ですが、焦りもあって、もっと長く感じました。このまま帰れなかったらどうしようかと思いましたw

『いただく』の使いすぎではないかと思う話

料理番組が好きで、よく見ます。
見て、簡単そうなら覚えて試す程度で、本を買ったりはしませんが。

自分にも作れそうかなぁという視点でぼーっと眺めているのですが、ふと気になるのが講師の人の言葉遣い。
よく聞くのが「いただいてください」や「おいしくいただけます」。

料理学校の先生や料理人の方は、ほぼ使わないのですが、料理研究家の方は「いただく」をよく使われているように感じます。

特に「いただいてください」は、個人的にめちゃくちゃ気になるんです。

いただく(頂く・戴く)は謙譲語なので、『~ください』とセットになるのはおかしくない?
「召し上がってください」じゃない?いっそ「お食べください」でも良いと思うのですが、いかがでしょうか。

『いただいて』の時点では、講師<視聴者
『~ください』の時点では、講師>視聴者
のように感じるのですよ。

なので、「いただいてください」が成立する世界を考えると、『偉大なる食物様の命を、私ども些細な存在である人間が生きる為に頂くのですから、このように調理を致しますと、より美味しく食べることができます』。
関係性で言うと、食物>>>>>講師>視聴者
くらいの感じであれば納得できるw
なんて妄想してました。

まぁ、「言うてる自分の言葉遣いはどうやねん」と己に突っ込みつつ。
テンパったら何を言うやらわからへんし(何を言うたかもほとんど覚えてないし)、接客の仕事をしていた時も「ありがとうございました」が噛み噛みでしっかり言えなかったことも多々あるし、我が身を振り返ると「お前が言うな」感100%です。すみません。
今後、何らかの機会があれば気を付ける所存です。
その為にもブログという形でアウトプットしておこう。